着物を着る時、下着は何をつけるの?つけないの?

着物を着る時にも下着はつけます。着物の下には肌襦袢、裾よけ、肌襦袢と裾よけが合わさったワンピースタイプがあり、これらが汗をすったり汚れを防いだりと下着の役割をしてくれるので昔はこれだけでした。

ショーツやブラジャーは後に外国から入ってきたものであり、胸やお尻を持ち上げ体のラインをはっきりときれいに見せることを目的としています。 着物のきれいな姿は、寸胴でできるだけ凹凸がない事とされている為、体のラインや下着のラインが出てしまう可能性のある普段身に着けているようなブラジャーやショーツは着物向きとは言えません。特にワイヤーなどが入っていれば帯で圧迫されて痛みがでることもあります。

とは言え、ブラジャーやショーツをつけないのはあまりにも抵抗があると思いますので、着物を着た時にラインをきれいに見せる為の和装用、またはその代わりになるものを着用されるのが良いと思います。 和装ブラと呼ばれるブラジャーがあり、胸をしっかりと押さえ平らにしてくれます。胸元は平らな方がきれいに着つけられ、着崩れも少なくなります。

代用品としては、スポーツブラやカップ付きのキャミソールなら日常的にも使うことができて無駄になりません。これらを着用するときは襟足の下が大きく空いているタイプを選ぶように気を付けてください。 ショーツもラインの出にくいものが良いです。着物買取サイト比較~高額買取相場や口コミ評判~ガードルなどで下着のラインを隠してしまう手もありますが、外出時のお手洗いの事を考えると脱ぎ履きに手間がかかりますので、Tバックタイプや股上の浅い一分丈や三分丈のボクサーショーツがおすすめです。

着物を着た時は、下着のラインが出ていないか、また襟足や袖から防寒用の下着が見えていないかをチェックしてから出かけましょう。

着物の上に着るものは・・

着物の上に着るものとしては、まずは「羽織」です。着物は洋服と違い「パターン・オン・パターン」柄の上に、柄を重ねて着ます。着物の柄に関わらず、全く違う柄を重ねても、それなりに決まってしまうものです。ただし初心者にとっては、この着物の上にどんな「羽織」を羽織ればよいのか悩むところです。

一番優しい組み合わせは、昭和に流行っていた黒の羽織に柄の入ったものです。この羽織でしたらどんな着物にも合います。まずはそこから試してみましょう。柄に柄を重ねても大丈夫ですから、少しづつ柄の羽織も羽織ってみましょう。

「道行」もよいですね。「羽織」に比べると、よそ行き感、奥さま感があります。すっぽり着物を隠してしまいますので、帯結びに自信がない時に、隠してくれます。ただし「羽織」は室内で着ていても良いですが「道行」はコートですので、室内ではぬぎます。真冬には「羽織」や「道行」だけでは、寒いです。着物用の「コート」もあると暖かく過ごせます。

厚手のウール地にしっかりとした裏の着いたコートがあると冬でも大丈夫です。ベルベットのコートもありますが、暖かさでは「ウール地」が一番暖かいです。「大判のショール」も良いですね。しっかり羽織って体をくるむと暖かいです。

一番着物の上に着てほしいのは「割烹着」です。ぜひ「割烹着」を着て、家事をしてください。「割烹着」を着ればどんなことでもできます。真っ白も良いですが、柄物の「割烹着」もかわいいです。「羽織・道行・コート」など、始めはなかなか仕立てるわけにいきませんから、骨董市・リサイクル屋等で、探して下さい。「割烹着」は今でも新しいものが売られています。着物生活を楽しみましょう。